FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ノートパソコンのHDDをSSDに換装

最近市販のパソコンの多くがSSDを採用して処理性能をアップしています。
SSDというのは、Solid-State Drive の略で、半導体のフラッシュメモリを
利用して、ハードディスクの形状に合わせたものです。

簡単に言うと、SDカードメモリのようなものでハードディスクの代わりを
させるということです。
特徴は、何と言ってもファイルの読み書きが断然速いということです。
ほかには、振動や衝撃に強いとか、消費電力が少なく発熱も少ないという
ことがあげられます。

また、SSDは何度も書き込みを行うと性能が落ちてくるため、
記憶領域をランダムに使用して、1箇所だけを集中して使わないようにしています。
そのため、デフラグをする必要がありません。
数百GBのHDDをデフラグすると1日では終わらないくらい時間がかかりますが、
この作業から解放されることは、パソコンのメンテナンスの手間が省けて
大変ありがたいことです。

私の使用しているノートパソコンは4~5年前に購入したもので、
オプションではSSDも選択可能でしたが、高価だったのでHDDのものに
しました。

現在では、利用するソフトが増え、Windowsのアップデートも繰り返し行われたため
処理のもたつく感じが強くなりました。

SSDの大容量のものが手ごろな価格で手に入るようになったのを機会に、
HDDからSSDへ換装することにしました。

Intel 530 シリーズ SSD 240GB
USB接続用HDDケース(ケーブル同梱)

購入したのは、Intel製の530シリーズ240GBのものです。
同時にUSB接続のHDDケースも買いました。
両方で24,780円でした。

HDDをSSDと換装する前に、現在のHDD内容を整理します。
使わないファイルやソフトを削除・アンインストールします。
その後、ディスク・クリーンアップを実行して一時ファイルやログファイル、
ごみ箱も綺麗さっぱりと消します。

また、SSDに付属のCDに詳しい作業手順がありますので、
その中の日本語版を開いて、印刷しておきます。

私の場合、HDDがパーティション分割してあり、
D:ドライブはデータを入れていないので、
SSDにコピーしたときにパーティションを作られないように
ディスク管理画面で、D:ドライブのパーティションを削除しました。

これから、換装の作業に取り掛かります。
まず、データ移行用のソフトを下記のIntelサイトで検索して見つけます。
   http://www.intel.com/go/ssdinstallation
その中から、日本語版のものをダウンロードします。

Intel サイトで SSD用 Data Migration Software を 探す
日本語版のSSD用 Data Migration Software をダウンロード

次に、SSDをケースに取り付けてカバーをし、USBケーブルでパソコンに接続します。
SSDをケースに取り付ける

続いて、先ほどダウンロードしたファイルを実行して
Intel Data Migration Software をインストールし、起動します。
SSD用 Data Migration Software をインストールする

「開始」ボタンをクリックして、クローン作製(データコピー)を始めます。
クローンの作成タイプは、標準で行います。
SSD用 Data Migration Software を起動し「開始」をクリック
クローン作製中の画面

クローン作成には、私の場合元のディスク容量250GB程度で1時間くらいでした。
終了すると、次の画面になりますので、指示に従ってシャットダウンします。
クローン完了の画面

ここから、物理的なハードウェアの交換作業を行います。
パソコンに接続している電源やUSBなどのケーブル類を全て外して、裏返します。
ノートパソコンの背面

安全のために電池パックを外しておきます。
二重ロックになっていました。
バッテリーパックを外す

HDDカバーは2か所のねじを精密ドライバーで外してから、
スライドさせると取れます。
HDDカバーの様子
HDDカバーを外す


SATAケーブルのコネクタを慎重に外してから、
ゴムの緩衝材(バンド)から抜き取ります。

SATAケーブルはHDDから抜いて、後でSSDに取り付けるために
保管しておきます。
取り出したHDDとSATAケーブル

SSD自体は、厚さが7mmですが9.5mm用のスペーサーが付いています。
私のパソコンは厚さが9.5mm用なので、スペーサーを取り付けました。
スペーサーの裏面にある両面テープをはがして貼り付けます。
スペーサーをSSDに取り付ける

そしたら、保管しておいたSATAケーブルをSSDに取り付けます。
その後、パソコンに取り付けてコネクターを接続します。
SATAケーブルをSSDに取り付ける
SSDをノートパソコンに取り付ける

HDDカバーを元通りに取り付けねじ止めします。
電池パックも取り付けます。
電源ケーブルやUSBなどを接続して、物理的な作業は終了です。
HDDカバーとバッテリーパックを取り付ける

パソコンの電源を入れると、SSDを認識して再起動を促されました。
再起動すると、正常にWindowsが立ち上がり、
自分のユーザにログオンできました。

この時のディスク管理画面は、以下のようになりました。
SSDのディスク管理画面


電源を入れてから、Windowsが起動しログオンしてディスクへのアクセスランプが
消えて操作できるまでの時間を計測しました。
HDDの時は5分55秒かかっていたのが、53秒に短縮できました。
6.7倍早くなった計算になります。

Windowsのシステムパフォーマンスでも比較しました。
上側がHDDの場合で、下側がSSDの場合です。
ディスクの転送速度のサブスコアが、5.7から7.6へと改善されています。
Windowsでのシステムパフォーマンス画面(HDD)
Windowsでのシステムパフォーマンス画面(SSD)

ディスクの読み書きが速くなったのは、これでもわかりますが、
数字として、どれくらい速くなったのか確認するために
ベンチマークテストを行いました。
利用したのは、Crystal Disk Mark 3.0.2
という、プログラムです。
上側がHDDの場合で、下側がSSDの場合です。
ベンチマークテスト結果(HDD)
ベンチマークテスト結果(SSD)

このベンチマーク結果の見方ですが、
4行ある数字の上から順に
1000MG,512KB,4KB,4KB(特定の書式)を読み書きした場合のもので、
左側がファイル読み込み、右側がファイル書き込みの場合です。

一番下の行は、大きな差がついていますが、あまり参考にはなりません。
上から3行が、実際のディスク転送速度として良く当てはまります。
これらから見ると、約7倍~10倍速くなっているのがわかります。
体感速度とも良く一致していて、SSDの効果が数字として証明できました。

>>>>> 追記 <<<<<
ネット検索して、このSSDのベンチマークテスト結果のサイトを見てみました。
テストされたパソコンが最新機種のため、
私のパソコンの2倍くらいの速度が計測されていました。
どうやら、私のパソコンは、SATAの速度が遅くSSDの最高性能を
引き出せていない模様です。

参考サイトURL
http://hesonogoma.com/SSD/ssd_benchmark_result_intel-ssd-530-series-240gb.html 
スポンサーサイト

iPhoneからWindows7(Pro) のリモート起動

先のブログで、TeamViewerでのリモートデスクトップについて書きましたが、
これを利用するための前提条件として、パソコンが起動していて
TeamViewerが実行されていることが必要でした。

しかし、パソコンの電源を入れっぱなしにすることは電力を無駄に使いますし
パソコンの寿命にも良い影響はないでしょうから、リモートで電源を入れたいと
考えました。

調べてみると、WOL(Wake on Lan)という機能がパソコンには備わっていて、
それに必要な特別な信号を送ることで起動するということでした。

ただし、これにも必要条件があって、起動される側のパソコンは
ルーターに有線接続されていなければなりません。
何故かというと、推測ですが、有線LANの場合はローカルのIPアドレスが
固定ですが、無線LANではそれが動的に割り振られるため起動相手を
特定できないからだろうと考えます。

前置きが長くなりましたが、iPhoneのアプリとして RemoteBoot というのがあり、
これを利用して実現することができたので、ここに書いてみようと思います。

RemoteBootの画面
上のようなiPhoneの画面から、BOOTボタンをタップすると、パソコンが起動します。
私の場合、スリープ状態からはうまくいかず、スタンバイ(休止状態)からはうまくできました。

同一LAN内からは、接続できませんので、家庭で試すにはiPhoneの設定で
Wi-FiをOFFにして4GLTEまたは、3GからBOOTしてください。

このアプリを利用するためには、パソコンと無線LANルーター、
そしてRemoteBoot其々の設定が必要ですので、順を追って説明します。

まず、Windowsの設定をします。
コントロールパネルからデバイスマネジャーを開きます。
ネットワークアダプターのところの有線LANのデバイスを見つけます。
私の場合は Broadcom Netlink(TM) Gigabit Ethernet となっていました。
これをクリックして選択し、右クリックでプロパティを開きます。
デバイスマネジャーで有線LANのデバイスを見つける

詳細タブを開いて、Wake Up Capabilities を選択し、値を Both とします。
プロパティの詳細設定Wake Up Capabilities

次に、WOL Speed を選択し、値を Lowest Speed Advertised とします。
プロパティの詳細設定WOL Speed

それから、Network Address の値に 自分のローカルIPアドレスを設定します。
これは、 192.168.xxx.yyy などという値です。(これは必要ないかもしれません)
プロパティの詳細設定 Network Address

次は、電源の管理タブを開いて、下図のようにチェックを入れます。
プロパティの電源の管理設定

これで、Windows 側の設定は終わりです。

次に、Windows で MACアドレスの確認をします。
スタートボタンをクリックして、プログラムとファイルの検索に command と入れます。
command というプログラムが出てきますので、実行します。
コマンドプロンプト画面が開きますので、
ipconfig/all と入れて Enter キーを押します。
出てきた内容を上のほうにスクロールして、「イーサネット アダプター ローカル エリア接続」
を探します。
そこの、物理アドレスをメモします。(1A-2B-3C-4D-5E-6E という形式です)
また、IPv4アドレス がローカルIPアドレスになりますので、これも控えておきます。
(192.168.xxx.yyyという形式です)
コマンドプロンプトでMACアドレスを確認

今度は、無線LANルーターの設定をします。
インターネットエクスプローラーを起動して、無線LANルーターの設定画面を開きます。
アドレスに 192.168.0.1 などと入れるようになっていると思います。
詳しくは、無線LANルーターの説明書で確認してください。
ID と パスワード を入れて設定画面にログインします。

私は NEC の Aterm を利用してますので、初期画面は下図のようになっています。
無線LANルーター基本画面

詳細設定を開いて、パケットフィルタの設定を追加します。
無線LANルーターパケットフィルタ設定
送信元ポート番号と宛先ポート番号は任意です。(60000から65000の間で好きな数字を選びます)

次に、ポートマッピング設定を追加します。
無線LANルーターポートマッピング設定
LAN側ホストは、起動されるパソコンのローカルIPアドレスを入れます。
ポート番号は、パケットフィルタの設定で指定した値を入れます。

これで、無線LANルーターの設定は終わりです。

次に、無線LANルーターの情報を確認します。
情報の現在の状態を見ます。
WAN側IPアドレス確認
WAN側状態の IPアドレス をメモします。(111.222.333.444 という形式です)

以上で、Windows 側の作業は終わりです。

ここからは、iPhone での操作です。
App Store から RemoteBoot をダウンロードしてインストールします。
アプリを開いて、右上の [+] マークをタップします。
新しい接続の追加画面になります。
iPhone RemoteBoot 設定

Name : 識別のために付ける名前 MyPC01 など好きな名前をつけます。
MAC : Windows でメモした物理アドレスを入れます。
    (1A-2B-3C-4D-5E-6E という形式です)
Broadcast : オフにします。
IP : 無線LANルーターで調べたWAN側 IPアドレスを入れます。
    (111.222.333.444 という形式です)
Port : 無線LANルーターに設定したポート番号を入れます。(60009など)
以上を入れたら Save します。

これで、すべての設定が完了しました。

パソコンをスタンバイにします。
iPhone の Wi-Fi を Off にします。
iphone で RemoteBoot を開いて、MyPC01 を選択してから、[BOOT] ボタンをタップします。
これで、Windows が起動して、利用できるようになります。


 

TeamViewerによるリモートデスクトップ操作

リモートデスクトップのソフトを色々探していました。
利用者の評価・操作性・利用実績・多数のOSへの対応などを考慮して
TeamViiewerというソフトにたどり着きました。
このソフトは、世界で1億人以上の利用者があり、個人利用の場合には無料で全機能利用可能です。

リモートデスクトップというのは簡単に言うと、Aのパソコンの画面を
Bのパソコンやタブレットなどから操作するというものです。

TeamViewer起動画面(PC)

TeamViewerをそれぞれのデバイスのOSに見合ったものをインストールします。
上の画面はWindowsパソコン用の例です。

「使用中のID」というのは固定値で、デバイスごとに割り当てられます。

<訂正:パソコンを再起動すると異なる値になります。
  スリープやスタンバイから復帰した場合は、前と同じ値です。>

<<追記:TeamViewerからリモート再起動した場合は、元と同じIDになり、
   再接続できました。 >>

「パスワード」は、TeamViewerを起動するたびに異なる値が割り当てられます。
「パスワード」の右側の丸い矢印をクリックして、「個人的なパスワード」を指定すると、
常にそのパスワードで、利用できます。

もう一方のデバイスにも同じようにインストールして、
「パートナーID」に相手の「使用中のID」を入力し
「パートナーに接続」をクリックするとパスワードの入力を求められるので、
先ほどの「パスワード」または、「個人的なパスワード」を入力します。

これで、リモートデスクトップ接続ができます。
iPhone5(IOS7)で、Windos7パソコンに接続したときの
iPhone5のスクリーンショットです。
TeamViewer_iPhone5でのPCリモート画面

この時のWindows7側の画面は次のようになります。(全く同じです…当然です)
TeamViewer_PC側の画面

音楽や動画再生、オフィスソフトなどパソコン側の全ての機能と
CPUパワーが利用できます。
iPhone5側は、ただ画面を遠隔操作するだけなので、
それほどCPUやメモリーを必要としません。
また、相手のOSでしか動作しないアプリケーションも利用できます。

つまり、パートナーの利用環境を丸ごと利用可能になるため、
データやソフトをこちらで用意しなくても良いという利点があります。
在宅勤務でのソフト開発などがとても簡単に実現できるため、
障害者の就労に役立つと考えられます。

通信環境は、高速インターネット・Wi-Fi・4GLTEでは快適で、
動画や音楽再生も問題なく利用できました。
3G接続では、通信速度が遅く画面描画に時間がかかり、
音楽再生は音飛びして実用にはなりませんでした。


<参考>
TeamViewerパソコン用サイト
TeamViewerパソコン用サイト

TeamViewerモバイル用サイト
TeamViewerモバイルサイト
 

複数デバイス間でのカレンダーの同期

今回は、Google、ThunderBird、iPhone5のそれぞれのカレンダー機能を
全て同期させて、いつでもどこでも予定の管理ができるようにしてみたので、
それについて書いてみます。

Googleのカレンダーに次のような予定があったとします。
Googleカレンダー

今まで、ThunderBirdのアドオン
Lightningで予定管理をしていました。

メール管理もThunderBirdで行っており、
ペインに一週間以内の予定が出て便利です。

Googleにもカレンダー機能があるので、
ネットで調べて同期できるようにしました。
すると、ThunderBirdのカレンダーにも同じ内容が表示されます。
ThunderBirdカレンダー


また、モバイルでも予定の入力などができてPCと連携できれば、
さらに良いためiPhone5のカレンダーとGoogleのカレンダーも同期させてみました。
すると、こちらにも同じ予定が反映されています。
iPhone5カレンダー

つまり、Googleをクラウドとして三つのデバイスのカレンダー内容が
全て同期され、大変便利になりました。

今は、Googleに予定を入力した場合の例ですが、
どこからでも予定の作成・変更・削除ができます。

具体的な同期のとり方については割愛しますが、
ググれば色々出てきますので、それを参考にしてみてください。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。