FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

海老の赤ちゃん

赤ちゃんメダカの水槽を掃除して綺麗にしました。
すると、体長1cmくらいの海老が数匹いるのを見つけました。
海老の赤ちゃん2
--------------------------------------------------------------------
海老の赤ちゃん

これは、近くの用水路ですくってきたエビなので、
種類がよくわかりませんでした。

今までこのエビは、ヤマトヌマエビだと思っていましたが、
違うようです。

ヤマトヌマエビは、卵から孵化した幼生が一度海へ下って、
そこで、成長して大人の海老の形になってから、
また、淡水域へと遡上する生態なので、
水槽内での繁殖はできないのです。

すると、やや小ぶりで、体長3cmくらいで卵を抱えているから、
ミナミヌマエビなのかもしれません。

ミナミヌマエビは、卵胎生といって、
メスのおなかの中で、卵から孵化して、
成長し、小エビになってから生まれてきます。
だから、淡水域だけで繁殖できます。

それとも、また別の種類なのでしょうか?

どちらにしても、メダカのほかに海老も、
新しい生命に恵まれて、うれしい誤算です。

メダカもエビも、大切に育てたいと思います。


 
スポンサーサイト

メダカの赤ちゃん その後 2014/02/27

体調不良で、ブログの更新を暫くしていませんでした。
少し良くなってきたので、現在のメダカの赤ちゃんの様子を
お知らせします。
メダカの赤ちゃん2014/02/27

生まれたばかりのころは、体調5~6mmだったのに、
今では、およそ2cmに成長しました。

メダカの数は、一番多いころは20匹ぐらいでしたが、
弱い個体は死んでしまって、8匹が生き残りました。

楊貴妃らしきメダカが1匹で、
残りは、ミユキブルーと青メダカの雑種みたいです。

そろそろ、親メダカと混泳させても大丈夫ですが、
水槽のサイズ(30cm)での飼育数を超えてしまうので、
どうしようか、悩んでいます。

30cm水槽をネットショップのポイントを使って追加購入したので、
それで、何とかしたいと思っています。

親メダカの方は、あと1年くらいで寿命が尽きてくると思うので、
それまでは、少し過密状態でメダカに我慢してもらいます。

考えてみるに、生まれてきたメダカのおよそ3分の1が生き残ったわけですから、
大変に高い確率だと思います。自然界では、1割以下だろうと思います。

メダカに限らず、生き物を飼うということは、
その生命の移り変わりの度に、感慨深さを感じます。



 

赤ちゃんメダカの引っ越し

赤ちゃんメダカが20匹くらいに増えて、
飼育ネットでは、窮屈そうだったので、
赤ちゃんメダカ専用の水槽を作って、
そこへ、引っ越しさせました。
赤ちゃんメダカの引っ越し1

水槽に使っているのは、
ホームセンターで、カブトムシの飼育用に
売っていた、プラスチックのケースです。
赤ちゃんメダカの引っ越し2


ここに、エアフィルターと、エアストーンを入れています。
エアフィルターには、古いストッキングをかぶせて、
赤ちゃんメダカが、吸い込まれないようにしました。

また、メダカ用のヒーターも入れて、水温を23℃にしています。

照明は、使っていない電気スタンドに、
電球型の蛍光灯をつけて使いました。
赤ちゃんメダカの引っ越し3

照明は、メダカもタナゴも全て1つのタイマーで
朝方4:30~夜の8:30まで点灯するようにしています。

今までよりも、広い水槽でのびのび泳いでいます。
餌を一杯食べて、すくすくと育ってほしいと思います。


 

メダカの赤ちゃんがたくさん増えました

メダカの赤ちゃんが、毎日のように孵化して、
今では、15匹を超えました。
メダカの赤ちゃん

餌を食べて、すくすくと育っています。
初めのころに生まれたものは、体長8mm位になりました。

餌は、メダカの赤ちゃん専用のものを買いました。
とても細かい粒で、赤ちゃんでも食べやすくなっています。

このまま、育ってくれれば、春までには
体長2cmくらいになって、体形も親メダカと同じになり、
色もついてきます。

どんな子供たちになるのか、楽しみです。


 

メダカの飼育と繁殖

メダカを飼い始めて、その可愛らしい魅力の虜になりました。
今では、30cm水槽2つにメダカを飼っています。
メダカ用水槽1 メダカ用水槽2

タイリクバラタナゴは、買い増しして、45cm水槽に移しました。
タナゴ用水槽

部屋の中が、水槽で一杯になりました。
地震が起きて、水槽の水が溢れたりしたら
大変なことになります。

まず、今買っているメダカの種類を紹介したいと思います。
ヒメダカ・楊貴妃・ブラックメダカはメダカ用水槽1で
飼育しています。
ヒメダカ 楊貴妃と飼育ネット ブラック・メダカ

ミユキ強光ブルー・白メダカ・青メダカはメダカ用水槽2で
飼育しています。
ミユキ強光ブルー 白メダカ 青メダカ

ネットでメダカについて調べたり、
ペットショップの人に聞いたりして
メダカのことをいろいろ知りました。

メダカは、本来一年魚で産卵したら死んでしまうそうです。
でも、観賞用に飼育しているものは、上手に育てると
2~3年生きるということです。

ということは、ショップで買ってきたものは、
生まれてから、すでに一年くらい経っているので
残りの命は、一年くらいと考えられます。

そこで、メダカを繁殖させて新しい命を
育てようと思いました。

そのためには、水温18℃以上・日照時間14時間以上が
必要だと知りました。
この条件が整うと、産卵して稚魚が生まれるということです。

それで、メダカ専用ヒーター(23℃固定)と
照明を買い揃えて、水槽にセットしました。
水温管理のために、水温計もつけました。
メダカ用ヒーター 水槽用照明  水温計

何日かして、朝見てみると、メスがお尻に卵をつけていました。
それにオスが射精して、受精が済むと卵を水草などに
産み付けるのだそうです。
メダカの産卵前


水槽には水草を入れてありますが
産卵用の人工浮草も入れました。
産卵床

メダカは、これらのどちらにも産卵しました。
メダカの卵1 メダカの卵2

この卵は、そのままにしておくと、貪欲で何でも食べるメダカが
食べてしまいます。

卵を見つけたら、なるべく早めに採取して、
飼育ネットに移します。

卵は、粘りのある保護液で包まれていて
ネバネバします。

これを、筆の先で転がすように取り外して
飼育ネットに入れます。

卵の発達速度は、水温に大きく影響されます。
23℃前後だと、およそ一週間で孵化して
稚魚が生まれます。
メダカの稚魚

生まれたばかりの稚魚は、とても小さくて
目を凝らさないと確認できないほどです。

長さはおよそ5mm、太さは縫い針より細いくらいです。
目だけ、出っ張っていて不格好です。

これが、およそ二か月で体長2cm程度に成長します。
これくらい育ったら、親と一緒にしても食べられる心配はないということです。

稚魚が元気に育って、泳ぎ回る姿を早く見てみたいです。
色々なメダカを混泳させているので、生まれてきた子供が
どんな色になるのか、楽しみです。


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。