FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

テナガエビ釣り その1 生態と仕掛け

テナガエビ釣りの仕掛け

先日、とある川の下流部(汽水域)へ出かけて、テナガエビ釣りを楽しみました。

テナガエビは、汽水域の岩場などに住んでいます。肉食性で共食いもします。
6月ごろから釣りのシーズンに入ります。水深30cmくらいでもよく釣れます。
引き潮よりは満ち潮のほうが、良い感じです。

さて、肝心の仕掛けですが、釣具店で完成品も売っていますが、簡単なので自分で作ると経済的です。
まず、釣竿ですが1.8~2.7m位の竿が使いやすいです。ヘラ竿の古いのやリール竿など、何でも良いです。

道糸は、0.8~1.0号の物を使います。
浮きは、小さめの物で丸いチョボ浮きでも、モロコ釣り用の物でも当たりが分かれば何でも良いです。
重りは、2号の通し重りがよいでしょう。その先にタル型ハリス止めを結びます。外れないように丈夫に結ぶことが大切です。私は「サルカン結び」をしています。
釣り針は、テナガエビ専用の物か、赤虫針の2号を使います。
ハリスの長さは、10cm位にして、1度結んでから結び目をハリス止めに掛けるようにして付けます。

これらで作った仕掛けが、写真の物です。
釣り場は、根掛りが多いので、釣り針や、仕掛けの予備は多めに準備しておくとよいです。

今日は、ここまでにします。

次回は、釣り方のコツなどを掲載したいと思っています。

[河川釣り] ブログ村キーワード
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。