FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ハゼの甘露煮を作りました

おせち料理の一品というわけではありませんが、
ハゼの甘露煮を作ってみました。
ハゼの甘露煮

これは、初夏に体長10cm位のハゼを150匹余り釣ってきて、
白焼きにした後、冷凍保存しておいたものです。

圧力鍋を使って、すばやく簡単に作りました。
作り方は、マホッチさんのホームページを参考にして、
それをアレンジしてみました。
(手元にあった材料で作ったので、少し変えました。)
http://ameblo.jp/masa-mahoroba/entry-11047965719.html

作る時のポイントは、最後に煮詰めるので
タレは、少し薄めに作ることです。

お手本と違うところ
   お茶 →紅茶
   日本酒→料理酒
   三温糖→上白糖
   水飴 →蜂蜜
           としました。

完成後、試食をしてみました。
適当に作った割には、ちょうど良い味加減で、
ごはんの共や、酒の肴にピッタリです。

 
スポンサーサイト

メダカの飼育と繁殖

メダカを飼い始めて、その可愛らしい魅力の虜になりました。
今では、30cm水槽2つにメダカを飼っています。
メダカ用水槽1 メダカ用水槽2

タイリクバラタナゴは、買い増しして、45cm水槽に移しました。
タナゴ用水槽

部屋の中が、水槽で一杯になりました。
地震が起きて、水槽の水が溢れたりしたら
大変なことになります。

まず、今買っているメダカの種類を紹介したいと思います。
ヒメダカ・楊貴妃・ブラックメダカはメダカ用水槽1で
飼育しています。
ヒメダカ 楊貴妃と飼育ネット ブラック・メダカ

ミユキ強光ブルー・白メダカ・青メダカはメダカ用水槽2で
飼育しています。
ミユキ強光ブルー 白メダカ 青メダカ

ネットでメダカについて調べたり、
ペットショップの人に聞いたりして
メダカのことをいろいろ知りました。

メダカは、本来一年魚で産卵したら死んでしまうそうです。
でも、観賞用に飼育しているものは、上手に育てると
2~3年生きるということです。

ということは、ショップで買ってきたものは、
生まれてから、すでに一年くらい経っているので
残りの命は、一年くらいと考えられます。

そこで、メダカを繁殖させて新しい命を
育てようと思いました。

そのためには、水温18℃以上・日照時間14時間以上が
必要だと知りました。
この条件が整うと、産卵して稚魚が生まれるということです。

それで、メダカ専用ヒーター(23℃固定)と
照明を買い揃えて、水槽にセットしました。
水温管理のために、水温計もつけました。
メダカ用ヒーター 水槽用照明  水温計

何日かして、朝見てみると、メスがお尻に卵をつけていました。
それにオスが射精して、受精が済むと卵を水草などに
産み付けるのだそうです。
メダカの産卵前


水槽には水草を入れてありますが
産卵用の人工浮草も入れました。
産卵床

メダカは、これらのどちらにも産卵しました。
メダカの卵1 メダカの卵2

この卵は、そのままにしておくと、貪欲で何でも食べるメダカが
食べてしまいます。

卵を見つけたら、なるべく早めに採取して、
飼育ネットに移します。

卵は、粘りのある保護液で包まれていて
ネバネバします。

これを、筆の先で転がすように取り外して
飼育ネットに入れます。

卵の発達速度は、水温に大きく影響されます。
23℃前後だと、およそ一週間で孵化して
稚魚が生まれます。
メダカの稚魚

生まれたばかりの稚魚は、とても小さくて
目を凝らさないと確認できないほどです。

長さはおよそ5mm、太さは縫い針より細いくらいです。
目だけ、出っ張っていて不格好です。

これが、およそ二か月で体長2cm程度に成長します。
これくらい育ったら、親と一緒にしても食べられる心配はないということです。

稚魚が元気に育って、泳ぎ回る姿を早く見てみたいです。
色々なメダカを混泳させているので、生まれてきた子供が
どんな色になるのか、楽しみです。


 

10cm TQWT用ジャージーネットの作成

以前に作成した10cm TQWTの見た目が、少し気に入らなくて
ジャージーネットを作成しました。
ネット完成

ヒノキの角材をホームセンターで買い、カットもしてもらって
それで枠を作りました。

下側の丸みを帯びたところは、扇風機のカバーネットをかたどって線を引き
大まかにのこぎりで切ってから、鉋とサンドペーパーで仕上げました。

側面外側は、鉋がけの後サンドペーパーで仕上げました。

それから、黒く塗装して枠の完成です。

ジャージーネットは、チェリーベージュの物を買い求めました。
名前の通り、やや赤みを帯びたベージュ色です。

ジャージーネットの張り方は、VIC's D.Y.I氏のホームページ、
次のサイトの中央よりやや下のところにある
「2003/10/17 フロントグリルの製作」が大変参考になります。
http://vicdiy.com/products/tqwt/tqwt.html

さて、ジャージーネットが完成したのですが、
スピーカー本体へ、どのように取り付けようか
頭を悩ませました。

そこで、目を着けたのが100円ショップで売っている
ネオジウム・マグネットです。

小さいのに、超強力な磁石です。
携帯やスマホのバイブに使う小型モーターや、
ハイブリッド・カーのモーターにも使われています。

また、スピーカーを振動させるための磁気回路に使う
マグネットも、今ではネオジウムのものが多くなっています。

私が買ったマグネットは、直径6mm、長さ3mmの円柱状のものでした。

それで、スピーカー本体側にドリルでφ6mmの穴を開け
マグネットを接着剤で取り付けました。
スピーカー側マグネット取付2スピーカー側マグネット取付1

さて、ジャージーネットのグリル側はどうしようかと
考えましたが、答えはすぐに思いつきました。

それは、画鋲を使うことです。
グリルのマグネットに対応する位置に画鋲を接着剤で
取り付けるだけです。
ネット側画鋲取付

ネオジウム・マグネットと画鋲はどちらも安くて
しかも工作が簡単で、我ながら良いアイデアだと
自画自賛しています。

完成した、ジャージーネットを取り付けて
スピーカーをセッティングしてみました。
ネット付スピーカーセッティング

以前より、暖かくて優しい雰囲気になった感じです。
チェリーベージュの色合いが木目の本体とよく似合っていると思います。
私個人としては、大変満足いくものが出来ました。

 

8cm ダブルバスレフ スピーカーの製作

先日、座椅子の肘掛けを作った時の板が半分ほど余ったので、
手持ちのスピーカーで、ダブルバスレフボックスを作ってみました。
完成したスピーカーのセッティング

バスレフというのは、バス・レフレックスの略で
箱に穴を開けてそれに筒をつけ、低音を共振させて
増強するタイプのことです。

現在のコンポや単品スピーカーは、ほとんど全部
バスレフタイプと言えます。

ダブルバスレフは、バスレフを直列につなげて
より低音の増強を図るタイプです。
W3-315SC ダブルバスレフ 設計図

一般的に、第一共振周波数は200Hz前後
第二共振周波数は、スピーカーの最低共振周波数の
60%位に設計します。

その理由として、人は200Hz以下の音は方向性を感じにくく
出てくる場所や、音の位相に鈍感なため、それ以下の低音を
増強します。
2.1chや5.1chなどのサブウーファーもこの範囲の低音を担当します。


使用するスピーカーユニットは、
TangBand社のW3-315SCです。
このユニットは、アルミ・マグネシウム合金を振動板に使用していて、
スムースでひずみの少ないクリアな音です。

(現在は、マイナーチェンジしてW3-315SEです。)
(防磁タイプでないW3-315Eもあります。)

このユニットは、最低共振周波数が100Hzなので
一つ目のスリットの共振周波数は188Hzとし、
二つ目のそれは、59Hzとしました。

ボックスの形状や寸法は、図面を参考にして下さい。

板取は、12mm厚の合板を使った場合、下の図のようになります。
定尺(3尺x6尺≒910mmx1820mm)の半分で1セットできます。
W3-315SC ダブルバスレフ 板取図

試聴してみて、設計通り低音の増強ができて、
迫力のある音になりました。
ロックなどによく合うと思います。

 

座椅子の肘掛け作成

通販で一番人気の座椅子を買いました。
クッションもよくて、背もたれ・首・太ももの裏が
それぞれ十数段階にリクライニングしてとても良かったです。

座椅子 肘掛けをセットしたところ


でも、使ってみて一つだけ不満が出てきました。
それは、肘掛けがないことです。
腕が、だらーんと下がってしまいます。
座椅子 肘掛けの全体
そこで、肘掛けを自分で作ってみようと思い立ちました。
ホームセンターで12mmの合板を買い、カットもしてもらいました。
組立は、接着剤とL金具で行いました。

座椅子 肘掛けのアップ
ひじを載せる部分は、中にニードルフェルトを詰めて
それをフェルトで包みました。
肘の載せ心地も満足できるものが出来ました。

ライトベージュの座椅子ですが、肘掛けがグレーのフェルトしかなくて
ちょっと色が合わないですが、そこは自作の味として、良しとします。

既存のもので、満足できないときは、
自分で作ったり改造して、より満足度を高めるのが
D.I.Y.の精神だと思います。

 

クリスマスパーティー 2013 @ ウェルテクノス

クリスマスの12月25日、ウェルテクノス鳩部屋事業所では
クリスマスパーティーが開かれました。

クリスマスパーティー 2013

ホットケーキ、シチュー、レンコンチップスなどをみんなで準備して
お昼に食べました。

午後は、DVD鑑賞会でした。
(追記:モンスターズ・ユニバーシティを観ました)
後片付けも、全員で行いました。

みんなが力を合わせて各自のできることを自分で見つけ、
それぞれが協力し合って、楽しいパーティーになりました。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。