FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

フナの甘露煮を作りました

1月3日にフナ釣りに行き、30cmのマブナを釣りました。
それを、持って帰り、タライに活かしておきました。
そのフナを今日締て、甘露煮を作りました。
盛り付けて完成

<<<< 作り方 >>>>
フナの鱗と内臓を取り除き、水でよく洗う。
フナの鱗と内臓を取り除き、よく水洗いする

魚焼きグリルで、軽く焦げ目がつく程度に焼く。
魚焼きグリルで、軽く焦げ目がつく程度に焼く

鍋に、酒・酢・水を入れて、その中にフナを入れる。
酒、酢、水を入れた鍋にフナを入れる

ひたひたになるくらいまでお茶を注ぎ、落し蓋をしてコトコト2時間以上煮る。
途中で、水気がなくなってきたら、お茶を継ぎ足す。
落し蓋をして二時間以上煮る

砂糖・醤油・はちみつシロップ・おろししょうがで味付けをして、
30分以上かけて味をしみこませる。
砂糖、しょうゆ、はちみつシロップ、おろしショウガで味付けする

煮汁がなくなってきたら、お玉ですくって、かけながら煮つめる。
お玉で煮汁をかけながら、煮詰める

器に盛り付けて、フナの甘露煮の完成です。

<<<< 酢の役割 >>>>
酢の主成分は、酢酸です。
それに対して、骨の主成分は、リン酸カルシウムです。
これ等を一緒にすると、化学反応を起こして酢酸カルシウムができます。
こうしてできた酢酸カルシウムは水に溶けやすいため、
骨はもろく柔らかくなります。

つまり、酢は骨を溶かして柔らかくする働きがあるのです。

小鯵の南蛮漬けも、同じように、南蛮酢が骨を柔らかくして
おいしく食べられるようになるという訳です。

スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://allyouneedislove123.blog.fc2.com/tb.php/32-bd653103
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。